So-net無料ブログ作成
うつ_お出掛け ブログトップ
前の10件 | -

着物イベントの面接 [うつ_お出掛け]

今日は 母と一緒に横浜中華街へ行ってきました

実は何週間か前にいきなり電話で
「京都で開催する着物ショーのイベントに出てみる気はありませんか?
 着物は贈呈いたしますので、面接に試しに来ませんか?
 横浜地区では電話帳からランダムに連絡を取って
 参加を呼びかけているのですが・・・」
と、ヘンテコな内容のものを受けていたのです

横浜の我が家は今だに母の実家の名前で電話帳に載っているので
母の旧姓で掛かって来た電話でした

念のため「着物の勧誘とかではないのですか?」
と聞いてみたところ、そうではないと言うので
まあいいか、、、と申し込んでみました

その面接が今日行われたのです
年齢制限がなかったので
一緒に着いて行ってもらった母も対象になってしまいました
で、いきなりイベントの主旨、着物の種類などを聴講し
簡単なウォーキングレッスンがあり
そして面接なるものを受けました

たぃは母と一緒に面接を受けさせてもらえましたが
面接なのに特に何も聞かれませんでした
面接官は「私に何かご質問がありますか?」だけ・・・

あ、これはきっと落ちたなと思い、そうそうに退散してきました

全くお金が掛からず京都に二泊三日も出来、
イベントモデルにもなれて
着用した着物までプレゼントされて
なんかうれしいじゃん・・・なんて思っていましたが

説明会では
採寸して着物を仕立てるのに4万いくらか掛かり
希望した着物に似合う帯を持参出来なかったら
28万くらいの帯を購入するなどの条件がありました

面接書類に事前に帯購入に当たっての「出来る出来ない」の選択肢が
あったのですが、母もたぃも勿論「出来ない」に◯を付けました

その辺が判定基準だったんじゃないかと
今は考えています

ちぇっっっっっっ
タダより高いものは無いってことですかねぇ・・・

折角日曜日にお出掛け頑張ってみたのにな〜
いつもしないお化粧もきちんとしてみたり
ネイルも塗ったりして
少し楽しかったのになぁ・・・

なんか寂しくて
中華街でフカヒレ入り豚まんを買って
母と半分にして立ち食いしてしまいました

もし合格しても
希望する着物を選ぶ時に
帯3枚用意しろって
ちょっと普通の人には無理なんじゃないかと
思っちゃいました

みんな買わされちゃうのかな・・・


そんなお金あるわけない!!!!!




まあ、どうせ落選だろうから心配ないけれど!
なんか疲れてしまった・・・


緊張して昨夜は睡眠不足になってしまったのに
緊張して損した!


なんていう日曜日でした
オワリ





nice!(14)  コメント(23) 

ジム通い [うつ_お出掛け]

母の足の病気(原発性リンパ浮腫)のマッサージ治療をしている先生に勧められて
毎週施術を受けていた治療を隔週にして、ジムでも通って筋力・体力をつけなさい…
と忠告を受け、早速第1回目のジム通いをしてみました!

今回行ったジムは、新横浜にある「ラポール」という障害者優先スポーツ施設です
以前、精神障害者手帳を持って会員登録をしていたので
すんなり参加できました
障害者なので 全くお金がかからずに利用出来るという素晴らしい場所です

鬱病を発症してからは 初めてのジムだったので
どこまで出来るかが心配でした
特に母はすぐに疲れてしまうので必ず寄り添っていました

でも母はまず自転車こぎマシンを30分(下の写真右)、
次に腹筋数十回(もちろん軽量なウェイトで)、
そして腕の筋肉をつけるマシンを25分、
最後にウォーキングマシンを散歩程度の速度で30分をこなしました
合計2時間程いたと思います

私は最近睡眠障害が酷いので、前夜も2時間しか寝られなかったのですが
母の為に奮起し、一緒にトレーニングをしてきました
下の写真左は私が行った足踏みマシン30分の成果です
結構きつい運動だったのに 消費カロリーがビール(大)の0.6本分だって・・・
でもカロリーを消費するのが目的ではなくて
筋力をつけるのが私の希望なので 気にしない気にしない・・・

なんとか母の為に行動できてホッとしました
先生との約束を果たさなくちゃと頭がいっぱいでしたから

しかし母は久しぶりにスポーツをして楽しかったとはいえ
大層疲れたらしく 家に帰って お弁当を食べて お風呂に入って
すぐに寝てしまいました
今日は疲れがとれなくて1日ダウンしていることでしょう


母に筋力・体力がついて
さらにダイエット効果も得られるよう
ジム通いを続けられるよう頑張ります!

私も疲れていたので 昨夜は午前1時には就寝したのですが
今朝は3時に起床・・・
今日は心療内科に行く日なので
またまた相談しなくては・・・
増薬されるのが嫌だよ〜
さて、どうなることやら・・・

090610_1506~0001.jpg090610_1507~0001.jpg







nice!(8)  コメント(6) 

横浜開港祭 150周年記念日 [うつ_お出掛け]

6月2日は横浜開港記念日です
今回で最後となる150周年横浜開港祭に夕方から最後まで出掛けてきました

その日は午前中に婦人科受診をし、13時から14時半までヘルパーさんが派遣に来てくれ
そのあとに急いで母とみなとみらいに向かいました。
平日だし、メインライブと花火大会があるとはいえ
そんなに混雑してないだろうと思い立ち、奮起して出掛けたのでした

会場には夏の花火大会に比べれば、比較的人数が多くなかったと思います
鬱病で人込みが苦手な母と私には、それが良かったです

メーンステージ前には もう場所を確保している家族でいっぱいでしたが
小さな母と私が座れるくらいの場所を確保し
母を留守番係にして、私は買い出しを担当
母にはオレンジジュースを
自分には缶ビールを
そして小腹が減っていたので たこ焼きとやきとりを購入
そよ風のある芝生の上で食す楽しみを堪能しました

そして、18時半から「キマグレン」がメインゲストのミニライブで
会場全体がノリノリになり
シークレットゲストに「ゆず」が登場して来て
会場内は一気に盛り上がっていました

そして下の写真のとおり 最後の大取り「ビームスペクタブル in ハーバー」を
思いっきり鑑賞!!!
音とビーム光線とファイヤーが炸裂し、そして目の前では花火が打ち上がり
夏の花火大会とは全く違うエンターテインメントを楽しんできました
あまりのすばらしさにため息が出る程 感動しました

終わったのは21時
母と一緒に横浜駅までのんびりと歩いて帰り
最終バスの一つ手前のバスに乗って帰路に着きました

こんなに遅くまで外出することは滅多にありません
母が疲れてないか 心配でしたが
母は感動のあまり、興奮状態でした

あとで知ったのですが、横浜開港祭は予算の関係上
今回が最後のお祭りなのだそうです
来年も参加したいねって母と話していたのに非常に残念です

ちなみにお昼に開催していた「ブルーインパルス」展示飛行は
1日(月曜日)の母の心療内科受診に車で出掛けていた最中に
予行練習をしている場面にタイミング良く遭遇しまして
それもまた偶然の出来事で感激しました

一大発起して出掛けたのは本当に良かったです
しかも最後の開港祭
鑑賞出来て最高でした!!!

090602_2042~0001.jpg090602_2030~0001.jpg








nice!(8)  コメント(13) 

お墓参り [うつ_お出掛け]

精神的に堕ちていますが
嬉しい事もあったのでご報告したいと思います

昨日父のお墓参りに行ってきました
これは母にとってスゴい事です
母が鬱病になって以来
不自由な足で家の周りを散歩するくらいが
母にとって精一杯の頑張りでした
足のこともあるけれど
何しろ寝てばかりの生活をしてきたので
足の筋力、体力がなくなってしまっているから
散歩が精一杯なのです
距離を少しづつ伸ばしていき
30分くらいゆっくり歩けるようになっていました
そんな状態では電車にも乗れずにいました

でもどうしても父のお墓参りに行きたいという気持ちが
手伝って、とうとう無理かなと思う事にチャレンジしました

お墓は多摩霊園、自宅は横浜ですから
母の足でゆっくり行って
できるだけ歩く場所を無くすルートを使って
自宅→バス→私鉄→JR→JR(乗り換え)→バス→霊園
という片道2時間強の遠出を敢行いたしました
乗り物はできるだけ母を座らせるようにして
階段は手をつないで一段一段上り下りして
大変苦労しました
でも母は頑張ってくれ
お墓に無事到着
綺麗になるようお掃除し
途中で購入したお弁当をお供えして
手を合わせました

そしてお墓の前で母とお弁当をいただきました
父と一緒に飲みたいと思ってずっと我慢してきたビールも
お供えし、その後私がいただきました
久しぶりの父とのお酒は格別美味しかったです

墓地の中は桜が満開
桜並木を歩いてお花見もしてきました

いつもお世話になっている石材店さんに寄って
父の思い出話をし
また涙ぐみ
今年の夏の3回忌をお願いしてきました

帰り道は通勤時間に少しかかってしまい
混雑していましたが
母は頑張ってくれなんとか19時に家に到着
疲れなかったよと言っていましたが
すぐに就寝してしまいました
足を確認したら負荷がかなりかかってしまったせいか
右足全体がずいぶん浮腫んでしまっていました
暫くはマッサージしても元に戻らないかもしれません
マッサージの先生に怒られるかなぁ・・・

でもずっと行きたいと思っていた父のお墓参りができて
本当に良かったです
母に感謝です
父も喜んでくれていると嬉しいな







nice!(8)  コメント(12) 

ハローワーク [うつ_お出掛け]

お久しぶりでございます
まだまだ父の死を引きずっていて
家事を放棄してしまっている私です

何もしたくない無気力状態を
心療内科の先生が心配するので
長期延長申請(3年間)していたハローワークに
行く事にしようと思っています

本気に求人活動をしている人には申し訳ないのですが
私の場合はこんな家庭環境になるとは思ってなかったので
求人というより失業手当目的の行動です
月一回の認定日は朝の9時からでしんどそうですが
(朝うつ夜うつの私には考えられない時間です)
失業手当欲しさには変えられません
月一回だと思って頑張ろうと思っています

でも、認定してもらうのに
どれだけ求人活動をしたのかを申告しなければなりません
これが問題
求人相談をしたり、面接に赴いたり
そんなことは私にはできそうもありません

どのくらい求人活動をすれば認定してもらえるのか
どなたか知っている方はいないでしょうか

ネット検索は求人活動には含まれないと書類に書いてありました
私はネット検索くらいだけにしておこうと思ったのですが
それでは認定されないのでしょうか
何か知っている方がいましたら教えて下さい
宜しくお願いいたします






nice!(7)  コメント(4) 

通院週間 [うつ_お出掛け]

今年に入ってから
誰かしらの通院に毎日出掛けています
いっちょまえにオグリくんも含みます

でもそれも来週の金曜日で終わり
それ以降は通常の通院デーとなります

月曜日は隔週で、母の心療内科
火曜日は毎週、自分の心療内科
水曜日は毎週、母のリンパ浮腫マッサージ
木曜日は三週に一度、父の脳外科
    ひと月に一度の父母の内科
    ひと月に二度の父の癌検査
金曜日は何かの予備日

とまぁ、通常と言ってもこんな感じ

先週今週は父の癌の定期検査と
母のイレギュラーなMRI検査とエコー検査が入っているので
パンパンです

家の事情を把握して相談に乗ってくれるのは
リンパ浮腫のマッサージの先生方
私の調子にあわせて母の治療方針を決めてくれます
それは私が母のケアを毎日しなくてはいけないからです

前回は
母の介護保険を利用してデイルームを
週一回でも組み込んだらどうか
そうしたらたぃさんが少し休めるのではないか
と提案してくれました
ただこれは鬱病の方でひっかかります
私もですが、母も大勢の知らない人の中に入ると
恐怖を感じるから無理なのです
慣れるまでどのくらいかかるか
慣れるまで頑張りすぎて疲労困憊にならないか
私が嫌なのです
そして母も家にいる事を望んでいます
だからもっと先の話になるでしょう
鬱病とリンパ浮腫が落ち着くまで(そんな日が来るかは?です)
私がついてないと不安がると思うのです
それでは本末転倒
では鬱病などの精神的な病気を患っている方用の施設にいくと
若い人や幼い人が多いのでそれも上手くいくとは思えません
はやり歳の近い方の方が安心するのだと思います

在宅ヘルパーは毎週火曜日に2時間来てもらっています
私が自分の心療内科に行っている時間に来てもらっているのです
私も心療内科へ出掛けて戻ってくると
疲労でぐったりなので
母のお夕飯を作らなくて済むのはとても楽です
もう少し通院デーが減ったらもう一日来てもらえるのですが
それができないのが哀しいところです

リンパ浮腫の先生は
「たぃさんはまだ若いのだから
 仕事とかして出掛けたいでしょう
 もったいないよ」
と言ってくれます

でも私は自分の将来を考えると
自殺する事しか希望が無いので
苦笑いしかできませんでした

しかし私が働かないと
両親の年金を食いつぶすだけです
現実は厳しいです

土日のゆっくりできる日こそ
そういうことを考えねばいけないと思うのですが
心がついてきません
現実的な未来が見えてきません
自分がまだまだ生きるかと思うと恐ろしくなります
今は
「父のため、母のため」に生きている
そう考えてやっと毎日を送っているのです

心療内科の先生は
「 “できれば自分の為に行動して生きていく”
 気持ちをもてればいいのでしょうが
 まだ無理みたいですね」
とおっしゃいます

どうしたらそんな風に生きていけるんだろう
わからない
わからない




nice!(4)  コメント(4) 

母とのお喋り [うつ_お出掛け]

今週は火曜日から木曜日まで
無気力、動悸、背中の痛みで
相変わらず一日中 横になっていました
遊びに行かしてもらっている会社にも
2週連続でお休みをしてしまいました

やはり母の精神状態が不安定で
さまざまな体調不良を訴えます
それをお友達との電話で喋りまくって
すぐにでも入院するかもしれないなどと言いまくっています
(もちろん そんなことお医者さんには一言も言われていません)
そんな電話を 横になりながら聞いている私は とても辛かった

昨日の金曜日は七夕だから(全然繋がりないけれど・・・)
運転免許の更新手続きに出掛けようと考えていました
横になってばかりは良くない という母のしつこい言葉もあったので
母と一緒に出掛けました

サタデードライバーの私は 今回もゴールドです!
なので区内の指定警察署で更新が可能なので
バスで出掛けて行ってきました

無事手続きも終わり
さてこのあとどうしようと思った時
そうだ、母とお喋りする努力をしようと思い立ち
バス停前のミスドで2時間お茶をしました

基本的には母が喋って
私は聞き役
できるだけ相づちをうち
反論はしないで 少し無理して笑顔を作る

母は 私と一緒に出掛けて そしてこうしてお喋りできて
本当に嬉しいと喜んでくれました

私は自分のことになると全く考えられないプラス思考を
母にはしてほしいとお願いしました
自分はできないくせに・・・と心の中で闇が渦巻いていましたが
母の暗い思い込みをやめさせたくて
一生懸命優しくゆっくり説得しました
母は理解してくれたようですが
たぶん今後も母の落ち込みは繰り返され
そのたびに同じ話を何度も何度も繰り返すことでしょう
でも母の為に 私ができることはしていきたいと思います

・・・人にはそういうことが言えるくせに
・・・なぜ自分自身はできないのだろう

そんな考えがよぎってしまったせいか
就寝前の薬を飲んでも朝方まで眠れませんでした
全く眠れないという睡眠障害は数ヶ月ぶりです

自分ではできないことなのに 母にはプラス思考を求めてしまっている
その矛盾が私を襲ってきました

でもここで縮こまるわけにはいかない
私には信頼する人がいてくれる
自分には自信などもてないし 将来なんていらないけれど
こんな私の為に一緒に考えてくれる人がいる
その気持ちを裏切らないようにがんばりたい

母と少しでも毎日お喋りすることも
信頼する人と約束したことの一つだから
少しずつできるようになりたい

今日は今しがた 土日だけ帰ってくる父が家に着いたところなので
もう夫婦の会話が始まっています
ちょっと、いやかなり気が楽・・・ごめんね お母さん


端午の節句 [うつ_お出掛け]

今日は こどもの日
兄家族の長男(私の甥っ子ですね)の初節句です
我が家の名字はなかなか珍しい名前で
兄は歴史好きが興じて 常にご先祖探しの研究をしています
そのご先祖様の中でも源氏にゆかりのある代があり
(平家にも関わったり 北条家の血を組む初代だったりと
 家系図はとにかく複雑です)
甥っ子の節句のお人形は 兄の嗜好ぴったりの源氏由来の鎧兜を購入
今日は初節句のお祝い&鎧兜披露の会でした

小学校に通い始めた姪っ子に会うのも楽しみでしたが
五ヶ月になる甥っ子の首がすわってから初めて会う日だったので
両親はとても楽しみにしていた今日でした
私もどうか鬱状態にならないよう
慎重に そしてできるだけ何も考えないように頑張りました
子供の前で 無表情になるのだけは避けたいという気持ちで
いっぱいいっぱいでした

そして両親と共に兄の家に行って
いつものごとく姪っ子の相手をし
(今日はお絵描きでした、結構しんどい(〃´o`)=3 フゥ)
首の座った甥っ子を何度も抱いて笑顔をいっぱいもらいました
赤ちゃんの声は本当に愛らしいです

お夕飯は 兄が予約してくれた鰻会席のお食事処で
家族みんなで楽しく会食
食事後 兄家族とバイバイして帰ってきました

そして私の力は尽きて 帰りの車の中で鬱に突入
食べたものを吐きたくてたまらなくなり
頭痛と背中の痛みに苦しみ
二列目三列目の後部座席をフラットにして ひとり横になりました
年老いた両親の方が疲れているはずなのに・・・
娘がこんなでごめんなさい

一日中気を張っていたせいで
帰りの車中は もうひどい苦しみでした

どうしてこんな身体なの
なんで私は鬱病なの
楽しい家族のひとときを 私ひとり迷惑かけている
なんでこんな状態で生きていなければいけないの
もうこのまま死にたい
早く死なせて
これ以上 見守ってくれる人に迷惑かけるのは嫌
死んで楽になりたい
私が死ねば家族は幸せに暮らせる
私ひとりで 家族に 信頼する人に 大切な友達に気を使わせている
私がいけないんだ
私が・・・

これを書いている今も頭痛がひどいです
今日のブログは こどもの日の楽しい出来事を書くつもりでした
でもこの頭痛には勝てませんでした・・・

GWもあと二日
家族といる時間は泣いてはいけない
休日は家族とべったりだから気が休まらない
どうしてこんな醜い人間なんだろう
生きる価値なんて何にもないよ

心配してくれる人
見守ってくれる人
死んだら悲しんでくれる人
こんな私にもそういう人がいるのだから死んではいけない
分かっているけれど
こんな自分はいらないです

ああ、また暗い内容になってしまいました
反省です


家族で散歩 [うつ_お出掛け]

何のイベントもなくGWの半ばになりました
出掛ける予定がないと 私はいつものだるさに負けて
一日中寝込んでしまいます
そんな私を見かねたのか
今日は母に散歩を勧められました

両親と一緒にのんびり散歩
何キロ歩いたかはわかりませんが
途中お茶をして、帰りに夕飯の買い物に寄って
すべてのんびり歩きでトータル4時間!
歩いている間 両親は楽しそうに話し合っていました
人の家の建て具合や お庭の雰囲気 咲いているお花のことなど
取り留めなくいろいろ喋っていました
私は鬱にならないよう何も考えないようにして
黙々と手を振って 背筋をピンと伸ばして歩き続けました

でも散歩は鬱にいいみたいです
お陰で今日は鬱鬱になりません
私は夜になるにつれひどくなるタイプみたいなので
これからが心配ですが今のところ大丈夫です

本当は朝散歩を日課にしたいです
朝のぼけぼけがなくなるといいのですが
睡眠薬を飲んでいる間は仕方ないのかな・・・
もともと身体を動かすのは好きなんだけれどな・・・
よし、目標にしたいと思います
「できるだけ朝散歩をすること」
もちろん無理せずに!


輪廻の虹 [うつ_お出掛け]

どうもここのところ 身体の調子が芳しくありません
出掛けると胃とお腹が痛み出し
途中で鬱状態に
家に帰ってくるとバッタリと倒れ込み
母に起こされ 夕ご飯をかっこみ薬を飲む
その後 胃とお腹の痛みが再発
苦しみながら横になり
鬱で涙がぼろぼろと・・・
就寝前の薬を飲むと 無意識にいろんな行動をしだす
朝は早くに目覚めるものの
だるくて起き上がれない

しばらく出ていなかった希死願望も再燃
本当の私じゃない、と強く念じても
過去が遡って自分を醜く感じる
そして「死にたい」想いでいっぱいになる

数日はブログを書く気になれず
コメントのお返事もできずにいました、ごめんなさい
ゆっくりペースになりますが お返事したいと思ってます

でも、今日は
散り始めの桜を見つつお墓参りに行くと
家族で計画していた日だったので
自分の身体の具合を無視して
早起きして 父の運転する車で富士霊園に行きました
東名も順調なスピードで走ることができ
足柄S.A.でのんびりお茶をして
曇りの合間の晴天のタイミングに霊園に到着
すでにお花見ピクニックの家族が桜吹雪を楽しんでいました

今回のお墓参りでは
また会いにきたよと挨拶し
愛犬オグリの回復を見守って欲しいことと
家や家族みんなを見守って欲しいというお願いをし
そして また来るからねと
手を合わせてきました
なんとか 死にたいことを報告せずにいられました
前回のお墓参りと比べると
少しだけ良い方向になったと思います

園内をぐるっと遠回りして
遅咲きの桜並木に感動
そして天を見上げたら素晴らしいものを発見しました

なんと円を描いた虹
しかも太陽を中心にした綺麗な虹でした
真ん丸な虹
あまりの美しさにしばらく見入ってしまいました

私もきっとぐるぐる廻ってばかりなんだろうな
鬱が良くなったり悪くなったり・・・

ちょっとつらいこともありました
家族と食べたお蕎麦屋さんでの会話です
なにげない一言だから深く捉えてはいけないと思いながら
こうして書いてしまうくらい心に刺さってしまっています

母 「お母さんも元気でいるようにまたいろいろ出掛けるようにしよ」
父 「それにはお前さんが良くならなくちゃいけないじゃないか」

そう、父の会話は私を指して言われた言葉です
やはり母は私を心配してお稽古ごとや遊びに出掛けることを
控えてしまったのだと確信しました
母も父も 私が治ることを前提に話しています
だからこのくらいで私がショックを受けるとは考えていない
でもそれが普通の感覚でしょう
両親は
私が今だに死にたい気持ちを持っているとは思っていないのです
病気は治ると信じているのだから・・・

でもとても心に突き刺さってしまいました
両親は全く悪くありません
私がいけないんです
私が病気にならなければ こんな風に親に迷惑をかけずにすんだのです・・・

いろいろ考えてはいけない
マイナス方向に悩んではいけない
プラス思考が難しかったら
とりあえず暴走するマイナス思考をストップさせるだけは努力しよう
あの虹のように綺麗な円を想い描こう
ぐるっと廻って元気な自分になれるかもしれない
また鬱が襲ってくるだろうけれど
そのまた先には明るい私がいるかもしれない
ぐるぐるぐるぐる
そうやって歳を重ねていって
いつか死を迎えられる
私の希望する死

それまではぐるぐる廻って行こう


前の10件 | - うつ_お出掛け ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。