So-net無料ブログ作成
検索選択
信頼する人_病気 ブログトップ

退院おめでとう [信頼する人_病気]

先ほど
信頼する人がチャットをしてくれました

明日退院できるそうです

おめでとう

39日間の入院 よくがんばったね

最後に私が大きなストレスをかけてしまって
ほんとうにごめんなさい

おうちに帰ったら
愛するお嬢さんの笑顔が待ってます
信頼する人が
心身共に穏やかになれますように

いつもありがとう
チャットしてくれてありがとう
やっぱり信頼する人と話ができると
私の心は落ち着きを取り戻せます

それはどうしてなのか
きちんと自分で考えなさいと
信頼する人に
課題を与えられているけれど
今は何も考えずに
心をゆったりさせていたい
でも浮上するようにはがんばってます

ほんとうに
退院おめでとう


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

入院 [信頼する人_病気]

昨日は信頼する人の入院日でした
午前中は奥様と一緒に入って無事入院したようでした

一方 私は心療内科の診察に出掛けました
先生に とても不安な気持ちであることを打ち明け
先生からはまだまだゆっくりするように
無理はしないように 思い込まないように
ゆったり生活を送るように言われてきました

そのあと新宿へ行きWILLCOMプラザでカード通信機のレンタルの手続きをして
お見舞い用にマカロンを買って(食べたことがなかったから味見したかった)
面会時間に会わせて病院に入りました

奥様にきちんと挨拶をしたかったのですが
ちょっと遅かったようでもう帰ったあとでした
いつもお世話になっているお礼を伝えたかったけれど
またの機会を狙いたいと思います

そして信頼する人の自前ちびノートパソコンvaioで
カード通信機のドライバインストール&セッティング
まずはメール送受信やインターネットが見られることを確認しました

でも古いちびvaioなので操作速度がいまいち
今日の午後 信頼する人の取引相手であるオフィスに私がお邪魔し
A4サイズのThinkPadをお借りしてくることになってます

そして水曜日は
信頼する人は外出許可を取ってお仕事の打ち合わせに出掛けてしまいます
夕方は先生から手術説明があるので それまでに戻ってくる予定
私は夕方 ThinkPadを持って再度お見舞いにいこうと思います

手術説明はご家族が同席することになっているので
お邪魔しないように 終わった後に入る予定です

今日はひとりで取引会社に行って、信頼する人のお使いであることを伝え
ThinkPadを借りてこなければいけません
できるかな、かなりこわい
人と接触するのは私にとっては緊張の一瞬
たぶん胃痛と動悸でパンパンになっているでしょう

実は不安と緊張で今夜も眠れていません
中途覚醒を頻繁に繰り返したあげく
鬱の闇に襲われて眠れなくなってしまいました

昨日のお見舞いの間も
信頼する人に気を使わせないようにしていたつもりだったのですが
前日からの不安な気持ちに押しつぶされて
傍から離れたくなくて
面会時間ぎりぎりまでいてしまいました
でも途中から信頼する人の激痛が始まり
とても苦しそうにしているのに
私はその姿を見守ることしかできず
こんな時は帰った方がいいんだと分かっていながらも
不安で離れることができず ずっと傍についていました
しまいには「もう帰って」と言われてしまい
シュンとなって帰路につきました

不安で離れられないのです
私は弱すぎる
あまり会えないという不安
心配をかけてはいけないというプレッシャー
心のうちを話す人がしばらくいないという不安
自殺したくなったときに語りかけてくれる人がいないという不安
自分が怖くて怖くて仕方が無い

私はなんてわがままなんだろう
信頼する人を考えて行動しなくてはいけない時なのに
がんばろうと思っているのに

しばらく眠れない夜が続きそうです
今日でもう丸4日目

でも信頼する人に頼まれたことは
なにがなんでも頑張りたい
今日だけは不安を押し殺してがんばろう
信頼する人以外の人にひとりで会うことは怖いけれど
ThinkPadは絶対に必要なもの
借りてくるという目的がはっきりしてるから
気持ちを落ち着けてがんばります

先日コメントを書いて下さった りなさんのおっしゃるとおり
信頼する人に心配をかけないという目標は立てたいのですが
今の私にはそう言い切れる自信も勇気もありません

以前 信頼する人と会うことを止めてみては という
医者の進言にパニックになり
自殺未遂を起したことがあります
私が唯一心から話せる人から離れなければいけない
私はどうしたらいいの わからないわからない
闇の鬱に襲われたとき どうすればいいの
そうだ 醜い私はやっぱり死ぬべきなんだ
死ねば終わる 醜い私も鬱の私も・・・
そんな気持ちで無意識にやってしまいました

気持ちを押さえると
私は異様なまでのマイナス力がでてしまう
マイナスの振り子が目一杯に振れてしまう
死ぬことは怖くない 本当に死にたい
でも死んでは信頼する人にも親にも迷惑をかけてしまう
その振り子を保っていられるか
会えないという不安でいっぱいの今は 全然自信がないのです

とにかく今日のお手伝いを終わらせることだけに
集中しようと思います
不安で仕方ない気持ちは 家に帰ってきてから
鬱に堕ちて いっぱい涙を流そう
眠れない日が続いても
私がまた倒れればいいだけ

どうしても死にたい気持ちに支配されたら
死ねばいいんだ
それまではお手伝いをがんばろう
がんばる


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

椎間板ヘルニア [信頼する人_病気]

今日は 信頼する人と都内の病院に行ってきました
信頼する人の椎間板ヘルニアの手術のために転院する病院です

かなり重症だと告知されました
すぐにでも手術が必要で
術後も最低一ヶ月の入院になると言われてしまいました

でも仕事の予定を組み直す時間が欲しいからと言って
緊急入院もせず、手術の承諾もしませんでした
医師から言われた手術日程は今月30日
それを逃すと4月まで空きがない
信頼する人はかなり悩んでいました

自分のことのように苦しいです
できることなら私がその痛みを代わりたい

私のできることは話を聞くくらいしかない
人に話すことで考えがまとまることがあるはず
病院を出てから二人でお昼を食べ
ずっと話し合いました

私としては一日も早く手術を受けて欲しい
仕事も大切だけど 信頼する人の身体の方が大事
いま出来る範囲の処置は逃さずにしてほしい
お願いだから手術に踏み切って・・・
そんな気持ちを込めて
信頼する人の悩みの聞き役になりました
反論は絶対にしません
その代わり
今後の仕事のためにも ご家族のためにも
できるだけ手術を受けるように促してみました
そんなことしかできない私
いつも私を支えてくれている人にお返しがしたいのにできない
とても歯がゆい

3時間程話し合って
信頼する人の気持ちは ゆっくり固まってきてくれました
仕事はなんとかして
30日の手術を受けようと・・・
私もできるだけ雑用のお手伝いをしたいと申し出ました
私にできることは微々たることだけれど
いままでの恩返しをするつもりです

どうか無事に手術が終わって欲しい
手術後の経過が良い方向であって欲しい
リハビリに1年くらいかかると医師から言われました
できるだけお手伝いをしたいと思います
私にとってとても大切な 重要なミッションとなりそうです
がんばりたいと思います


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

病気 [信頼する人_病気]

今日は一日横になってました
年末年始よりはだいぶマシになってきていますが
まだ夜の眠りが浅く
夢見がちが治らないので
ちょっと気を許すとだるさを感じ
横になりたくなってしまいます

病気ってなんなんだろうと思うようになりました
人間にとってどんな意味があるんだろうと

私の病気は心が原因であると思います
でも心が原因なのだから
気持ちさえ切り替われば治るかというと
そうではないようです
身体の症状はどうしてもつきまといます
だから薬による治療が必要です

病気とは基本的には 身体からの警告だと思うのです
本来の姿とは違うよっていう身体のシグナルかなって思います
症状が現れてからでは手遅れという怖い病気もありますが
身体のもつ免疫力がうまく働いていれば正常
なにかしらの原因で支障を来している場合は症状になって現れる
今の治療方針は現れてしまった症状を押さえるという後追いのやり方
本当は本来持つ免疫力を強化しなければ
病気の根本が治らない

いま私が唯一信頼している人が
椎間板ヘルニアになってしまい
歩行もままならない状態です
普通ヘルニアになりやすい椎間板よりも上の方に
大きなヘルニアができてしまっていて
歩いていても息を吸っても激痛が走ります

なぜ椎間板ヘルニアにかかってしまったんだろう
最初のころは原因不明の首の痛みに悩まされていました
そのうち腰や臀部や太ももに痛みが走り
湾曲していなければいけない背骨がまっすぐになってしまいました
我慢しつつ仕事を続け、とうとう朝立ち上がれなくなってしまいました
近所の整形外科で診察してもらったら痛みが尋常ではないから
MRI検査をし椎間板ヘルニアであることを指摘されました

でも椎間板ヘルニアばかりに気がいってしまって
その奥に隠れている根源を疎かにしてしまわないか心配です
通常のヘルニアより位置が上なので激痛が伴うこと
ヘルニアがとても大きいことから来月には手術になるかもしれません
とてもとても心配です
きっとご家族の方もとても心配していると思います
できるかぎりお手伝いをしたい
これから仕事が順調にすすむはずだったのに
その時期に入院というのは
なにか神様からの思し召しなのでしょうか
身体にムチ打って仕事に夢中になっていたから警告されたのかな

手術でも完治しないかもしれない
薬も本来の免疫力を弱めるだけかもしれない
本当なら人間の持つ力で治るのが望ましい
でも痛みに絶えられず日常生活に支障を来すから手術を行う
その手術は神経を傷つけてしまう恐れもある
どれが身体に取って最善の方法なんだろう
医者の方針で決まってしまう
とてもこわいです

どうか良い先生が担当になってもらえますように
将来を見据えた治療を施してくれますように

日頃元気に生活していることが
なんて大切なことだったんだろうと
痛感します
病気のシグナルを見過ごさないように
自分の身体につねに注意していなくては・・・ですね
みなさんもお気をつけ下さい
そして信頼する人の痛みが軽減されますように
手術が上手くいきますように・・・
微力ながら精一杯お手伝いをしたいと思います


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
信頼する人_病気 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。